トランプ氏「近く巨額関税を」中国揺さぶり

この記事をシェア

  • LINE
2018.09.14 15:29

アメリカと中国が閣僚級による貿易協議を再開することで検討を始める中、トランプ大統領は13日、「近く巨額の関税をかけるつもりだ」と強調し、中国を揺さぶった。

米中の貿易戦争が激しさを増す中、アメリカと中国は今年6月を最後に行っていない閣僚級による協議を再開することで調整を始めている。

ニューヨーク株式市場も期待感から値を上げているが、トランプ大統領はツイッターで「我々には中国との取引を迫られるプレッシャーはない」と指摘。アメリカ側が譲歩することはないとの認識を示した。

さらに、「アメリカは近く巨額の関税をかけるつもりだ」と強調。制裁関税「第3弾」の発動の構えを見せ、中国を揺さぶった。政権内では対中強硬派の発言力が強く、両国の対立が今後、緩和に向かうかは不透明。