自民党総裁選 「憲法9条改正」で論戦

この記事をシェア

  • LINE
東京2018.09.14 21:41

自民党の総裁選挙に立候補した安倍首相と石破元幹事長は、14日に直接、論戦をかわした。憲法第9条の改正について、石破氏が国民の理解が必要と訴えたのに対し、安倍首相は改めて積極的な姿勢を示した。

石破元幹事長「(憲法改正は)やるからにはスケジュール感ありきでやるべきだと私は思わない。国民の人たちがきちんとした理解をしていただくための誠実な努力を、一生懸命、自民党はやる」

安倍首相「政治家でありますから。学者や評論家ではない。正しいことを述べていればいいというのではなくて、その時代の政治家が、私はその責任を果たしていくべきなんだろうと」

一方、この討論会を受けて、小泉進次郎議員は次のように述べた。

自民党・小泉進次郎議員「真意というのは、語れば語るほど伝わらなくなる部分もあるんですね。私は今回はそういうケースだと思っています。そういった時は、語ってはいけないんだよね」

小泉氏は、現段階で安倍首相と石破氏どちらを支持するか明言しなかった。