米政権、11月末の米中首脳会談開催打診か

この記事をシェア

  • LINE
2018.10.12 12:49

米中の貿易戦争が激しさを増す中、アメリカのトランプ政権が中国側に対し、11月末の首脳会談開催を打診したと有力紙が11日、報じた。

「ウォール・ストリート・ジャーナル」の電子版によると、トランプ政権は最近、中国政府に対し、11月末の首脳会談開催を打診したという。アルゼンチンで開かれるG20首脳会議に合わせての開催が模索されていると伝えている。貿易戦争により高まった両国の緊張が緩和に向かうかが焦点だが、会談が本当に実現するかは不透明。

トランプ大統領は11日に放送されたインタビューでも、30兆円相当の中国製品に関税を上乗せする制裁関税の「第4弾」について、「やろうとすればできる。我々は用意している」と述べ、中国側をけん制している。