ミライトワ“偽バッジ”販売目的で所持か

この記事をシェア

  • LINE
東京2018.10.12 12:43

東京オリンピックの公式マスコットを勝手に使った偽のピンバッジを販売目的で所持したとして、48歳の男が逮捕された。

警視庁によると、自称・自営業の土場孝弘容疑者は10日、埼玉県川越市の自宅で、東京オリンピックの公式マスコット「ミライトワ」を勝手に使った偽のピンバッジ5個を販売目的で所持した疑いがもたれている。

土場容疑者の自宅からは、偽物とみられるオリンピック関連のピンバッジが300個以上見つかっていて、中国などから仕入れたとみられている。調べに対し、土場容疑者は容疑を認めているという。

「ミライトワ」を勝手に使った偽商品の検挙は全国で初めて。