トランプ氏「真相に近づく」サウジ記者不明

この記事をシェア

  • LINE
2018.10.12 13:16

サウジアラビア人の著名な反政府ジャーナリストが、トルコで行方不明となっている事件で、アメリカのトランプ大統領は「真相に近づきつつある」との認識を示す一方で、サウジに対する制裁などの措置には否定的な考えを示した。

サウジアラビア人の著名な反政府ジャーナリスト、ジャマル・カショギ氏は、2日、トルコのイスタンブールにあるサウジ領事館を訪れた後、行方が分からなくなっている。

トルコ当局は、近く領事館内の捜索を行う方針だが、トランプ大統領は11日に放送されたインタビューで「真相に近づきつつある」との認識を示した。

一方、サウジに対する制裁などの措置については「好きではない」と否定的な考えを示した。その理由については、サウジがアメリカから多くの軍装備品を購入したり、投資もしたりしていることを挙げ、「その資金がロシアや中国などに流れるため」との認識を示した。