鑑識活動にドローンを活用へ 警視庁が訓練

この記事をシェア

  • LINE
東京2018.10.12 17:53

鑑識活動にドローンを活用しようと警視庁が訓練を行った。

東京・東大和市の訓練所では、警視庁の鑑識課による訓練が行われた。訓練は死体遺棄事件で犯人の供述をもとにドローンで山中を捜索して死体を発見するという想定で行われた。

ドローンは今年1月から火災現場の鑑識活動などで実際に運用が始まっていて、警視庁は訓練を重ねドローンを活用していきたいと話している。