“謎の集団”…陰謀論唱えトランプ氏を支持

この記事をシェア

  • LINE
2018.10.12 20:06

アメリカのトランプ大統領への評価が問われる「中間選挙」まで1か月を切った。そうした中、そろいのTシャツを着てトランプ大統領支持を訴えるナゾの集団が、アメリカで存在感を増している。一体、何が起きているのだろうか。

先月末、アメリカ・ウェストバージニア州。

トランプ大統領「アメリカを再び偉大な国にする!」

熱のこもったスピーチで支持者に訴えるトランプ大統領。中間選挙を来月に控え、支持固めに力を入れている。

その集会で今ある奇妙な現象が起きている。トランプ大統領の集会を待つ人の行列に「Q」が書かれたTシャツを着たグループがいる。会場周辺ではあちこちに「Q」の文字があった。実は過去の集会でも「Q」の文字があちこちで見ることができる。有力メディアもこぞって取り上げ、急速に存在感を増す謎の「Q」の集団。一体何者なんだろうか。

実は、彼らはインターネット上で出回る「Qアノン」というある陰謀論を信奉する熱狂的なトランプ支持者。その陰謀論とは−。

「世界は今、劇的な戦争の最中にある。聖書のように地球上の善と悪の戦いだ」

「Qアノン」によると、例えばオバマ前大統領は小児性愛者の組織の一員。北朝鮮情勢については、アメリカの悪の組織が北朝鮮を乗っ取り世界を核で脅すために使ってきたなど、実に荒唐無稽な内容。そうした中、悪の組織を一掃するため立ち上がったのがトランプ大統領であり、悪の手先であるメディアの攻撃を受けているという。

この動画の再生回数はすでに100万回以上。「Qアノン」の支持者は20万人から40万人にのぼると指摘する専門家もいるなど広がりを見せている。「Qアノン」を信じる人たちに話を聞くと−。

「Qアノン」支持者「『Qアノン』は腐敗と戦う運動なんです」「『Qアノン』のおかげで政府が裏で何をしているか分かるようになりました」

「Qアノン」に引きつけられるのはどんな人たちなのだろうか。フロリダ州に住むジェイミーさん。「Qアノン」の支持者でトランプ大統領の熱烈な支持者でもある。

ジェイミーさんは今は無職。飲食店で働く妻の収入で暮らしている。実は以前は民主党支持者だったが、苦しい生活が続いていた。そこにこれまでの政治家と全く違うトランプ大統領が現れ、心を奪われたという。

ジェイミーさん「トランプ大統領がこの帽子にサインしてくれたんだよ!」

「Qアノン」を知ったのは去年秋。ネットを調べるうちにのめり込んだという。

ジェイミーさん「過去の大統領も含めて政府は悪の組織が牛耳っている感じがする。周りを見ると多くの工場が閉鎖され失業者が増えている。金持ちになっているのは政治家だけだ。もうみんなうんざりしている。アメリカ国民の元に権力を取り戻したい」

ケーブルテレビもすべて解約し、今はネットだけで情報を集めているという。

「Qアノン」を信じる人がなぜ今、増えているのだろうか。専門家は、メディアに対する不信が拍車をかけていると指摘する。

「Qアノン」に詳しいジャレッド・ホルト氏「アメリカ人の半分が新聞もテレビも信じられないと考えている。自分が『信じる存在』の言うことだけが正しいと考える。おかしな世界になってしまった」

中間選挙を前に拡散する荒唐無稽な陰謀論。その陰には、格差の拡大やメディア不信など、アメリカ社会が抱える問題が見え隠れしている。