イラン革命40年 大統領は演説で米けん制

この記事をシェア

  • LINE
2019.02.12 07:49

イランのロウハニ大統領は11日、イラン革命40周年を祝う式典で演説し、今後も軍事力の強化に力を入れる考えを示して、敵対するアメリカなどをけん制した。

イランでは親米の王政を打倒した「イラン革命」から11日で40年を迎え、各地で記念式典が行われた。式典に参加した人々は「アメリカに死を!」などと訴えた。

国営メディアによると、ロウハニ大統領は首都・テヘランの式典で、「革命当時よりもイランは強くなった」と強調。「ミサイル開発について、これまでもこれからも許可を求めることはない」などと述べて、今後も軍事力の強化に力を入れる考えを示した。

経済制裁を再開し、圧力を強めるアメリカをけん制したものだが、一方で、制裁の影響がイラン国内に広がっていて、その対応も求められている。