日経平均、円安好感で3営業日ぶり急反発

この記事をシェア

  • LINE
東京2019.02.12 15:52

12日の東京株式市場で日経平均株価は3営業日ぶりに大きく値を上げた。平均株価の終値は先週末に比べて531円4銭高い2万864円21銭。

外国為替市場で円相場が1ドル=110円台半ばまで円安に傾いたことから、東京株式市場では機械や自動車など輸出関連の銘柄を中心に買い注文がふくらんだ。また、先週末に平均株価が400円あまり値を下げた反動で目先の値上がりを期待した買い注文も広がり、株価を押し上げる要因となった。

東証1部の売買代金は、概算で2兆7657億円。東証1部の売買高は、概算で14億6075万株。