野口五郎、初期の食道がんで昨年末に手術

この記事をシェア

  • LINE
東京2019.02.12 16:27

歌手の野口五郎(62)が初期の食道がんを患っていたことが12日、分かった。

所属事務所によると、昨年11月6日の健康診断でがんが見つかり、12月25日に手術。同29日に退院した。

手術は1回で終了し、医師からも「もう大丈夫」と太鼓判を押されたという。

野口は、きのう11日の東京・渋谷Bunkamuraオーチャードホール公演でファンに「今は無事に治って元気になりました」と報告し、「同じ病気の人に頑張ってくださいと伝えたい」と心境を告白。

公演終了後も事務所スタッフらに「たくさんの方に直接、伝えられて良かった。すっきりした」と話していたという。