“オバマ氏の再来”議員、トランプ氏に反論

この記事をシェア

  • LINE
2019.02.12 17:34

アメリカのトランプ大統領が求める「壁」の建設をめぐる対立で、議会の与野党が暫定合意に達したと現地メディアが報じた。ただし、「壁」ではなく「障壁」の予算が盛りこまれているという。

一方、テキサス州では、2020年の大統領選挙への出馬が取り沙汰され「オバマ前大統領の再来」とも言われる民主党の新星、ベト・オルーク氏も決起集会を開催し、トランプ大統領に真っ向から反論した。

民主党前下院議員 ベト・オルーク氏「壁は命を救うのではなく、命を終わらせるものだ。互いに尊厳と敬意を持って接することで安全は保たれる」

オルーク氏は、去年の中間選挙で、共和党の現職上院議員の再選を脅かす健闘ぶりを見せた。2020年の大統領選挙でトランプ大統領の対抗馬となるのか、今後の動向が注目されている。