鈴木大地長官「治療に専念して早く回復を」

この記事をシェア

  • LINE
東京2019.02.12 17:33

水泳の池江璃花子選手が白血病を公表したことについて、元水泳選手でスポーツ庁の鈴木大地長官は、「しっかり治療に専念して、一日も早く回復することを祈っている。リレーに出られないとか、日本チームに与える影響も大きいが、まずは治療に専念して、健康になっていただくというのが一番だ」と話した。

また、池江選手が、自ら病状を早期に公表したことについては、「高校生でなかなかできることではない。チームに迷惑を掛けたくないという思いが強かったのだろう。責任感のある選手だと思う」と話した。