機内で乗客が客室乗務員たたく 大分空港

この記事をシェア

  • LINE
大分2019.02.12 19:27

11日夕方、大分空港発羽田空港行きの便の機内で乗客の男性が出発前に客室乗務員をたたくトラブルがあった。この便は出発が約40分遅れた。

機内の通路に立ち、乗客の男性に話しかける警察官。飛行機から降りるよう説得している。

警察によると、この男性は11日午後5時に大分空港を出発し、羽田空港に向かう予定のソラシドエアの機内で、出発前に客室乗務員の背中を平手で1回たたいた。男性は航空会社から連絡を受けた警察官から促され機内から降りたという。トラブルのためこの便は約40分遅れで空港を出発した。

男性は搭乗する直前まで酒を飲んでいて、警察に対し「通路にいた客室乗務員が邪魔だったからたたいた」などと話しているという。

今回の事案を受け、航空会社は「刑事告訴をするかも含め今後の対応を検討している」とコメントしている。