KDDI スマホでの金融事業を強化へ

この記事をシェア

  • LINE
東京2019.02.12 21:35

KDDIはスマートフォンでの金融事業を強化するため、「カブドットコム証券」の株式49%の取得を目指すと発表した。

KDDIはインターネット証券大手の「カブドットコム証券」の株式49%の取得し、傘下に収めるため、最大で914億円を投じる。4月下旬以降、TOB(=株式公開買い付け)を実施する。

また、三菱UFJ銀行と共同出資して設立した「じぶん銀行」も4月に子会社化する予定で、証券や銀行などの金融事業を強化する。

KDDIは来年度中にそれぞれの社名を「auカブコム証券」「auじぶん銀行」と変更し、その他、傘下にある金融関連の会社の名称を「au」ブランドに統一していく方針。

今後携帯電話の顧客基盤を生かし、金融事業を新たな成長の柱に育てる狙い。