“華為使用国は米と連携困難”中国は反発

この記事をシェア

  • LINE
2019.02.12 21:34

アメリカと中国の貿易協議が続く中、アメリカのポンペオ国務長官は11日、中国の通信機器大手「ファーウェイ」の製品を使う国はアメリカとの連携が「困難になる」と警告した。

ポンペオ国務長官「ファーウェイの存在が与えるリスクを訪問先で共有していく。国民のプライバシーを危険にさらし、中国がデータを使う恐れがある」

ヨーロッパを訪問中のポンペオ国務長官は11日、ハンガリーでファーウェイの通信機器に対する懸念を強調した。その上でファーウェイの機器を使う国とは「アメリカのシステムとの共存は難しい」とし、アメリカとの連携が「困難になる」と警告した。

また「中国に経済的・政治的な借りを作ることは危険だ」と指摘し、中国への依存を強めることはリスクが高いと訴えた。

ポンペオ長官はこのあと訪問するスロバキアなどでもこうした考えを強調する方針。

これに対し、中国外務省は12日の会見で「罪をでっちあげて中国企業の発展を妨げている」と強調し、その上で「アメリカのやり方は不公正でモラルに反しており、大国にふさわしくない」と反発している。