ゴーン被告の92億円計上…支払いは否定的

この記事をシェア

  • LINE
東京2019.02.12 22:58

日産は有価証券報告書に記載していなかったゴーン被告の報酬92億円あまりを、2018年4月から12月の決算にまとめて計上した。

日産は、前会長ゴーン被告の報酬を8年間、有価証券報告書に実際より少なく記載していた罪で法人として起訴されている。

これを受けて日産は、2018年4月から12月の決算報告書に、ゴーン被告の報酬およそ92億円をまとめて計上した。日産の西川社長は、これは会計上見積もった金額だとした上で、実際にゴーン被告に支払うかどうかについては、否定的な見方を示した。

西川社長「私としては支払いをするというような結論に至るとは思っておりません」

日産は、ゴーン被告に対し損害賠償の請求も検討していて、関係者によると、報酬の支払いについては、こうしたことと合わせて決めていくことになるという。