2007年6月30日  能登町 赤崎

ロケの日は大雨。
能登町赤崎のイチゴ畑の中を歩く。
イチゴは季節終了。
雨の中歩く人はいない。

  ・・・中年男一人、どうしろというのか。

最新の、流行の草刈機。 金属の刃を使わん」
 回転させて草を刈る。石に当たっても安全。
「10年前の機種や」
 
  と、ヒモについて語る。
  最新って…。

「仕事休みやっちゃ、雨やし。
  上に庭があるよ。見においで」

 登る途中で大きな家が建っている。
「ここと、あれと、それと、
      うちの建物は3軒だけや」
3軒だけって…

え!これは個人の庭か?!
手入れが行き届いた植え込み、
学校の教室なら3つ分くらいの広さ。

「漁師やったけど、趣味がこうじて、
 庭師になったんや」
庭の奥、崖上15メートルに、
展望台が設置してある。

「初日の出が真正面で最高やぞ。
 きょうは雨やけど」

いえ、雨だから会えたんです。

赤崎の漁師さん宅。

「この網はどうして玄関前に放ってあるんですか」
「誰も盗まんわ。
 修理の仕方で、他人の網は分かる」

お邪魔したら、壁画にびっくり。

「地元の画家に来てもらったんや。
 使うのは指だけ」

素晴らしいアートの前にも
網が積み上げられていた。

「修理の方法教えてあげる。
 いちど網の糸を切って、編み直す。
 網針で、ここを潜って、
 こうして、こうして、こうして、こうする」

ありがとうございました。
・・・全然分かりませんでした。
≫ MAPに戻る