2008年1月12日  輪島市 門前町五十洲

輪島市門前町、皆月から五十洲へ。

この間垣の眺めは素晴らしい。
全く同じ高さ、同じ色でそろっている。
海風の強さと、そして、
町の人たちの団結心を感じる。

同じ風景が続くので感覚が麻痺する。
どこも同じような家並みと思ってしまう。
実は、間垣の裏側にはさまざまな営みが。
民家があり、商店がある。

この建物は … 農協だ!
間垣が大のお気に入りの、 農協の支店長。

「間垣の隙間がいいのです」

強い風をそのまま受け止めず、
分散して凌ぐ知恵だ。
なるほど、なるほど。

間垣の角に「YH」の文字。
「ヤング」で「ハッピー」ではない。
まさか?本当に!?あるの!?
ユースホステルが!

「ヨウコソ」、「ホマレさん」てのはどうか?

東京生まれのおばちゃんは、
ユースホステルの中を案内してくれた。

能登半島地震のあとの片づけで、
現在は休業中とのこと。
年明けに再開する予定。


宿泊者の寄せ書きノートがある。
これによると次の特典があるらしい。
 ・間垣の風景…
 ・窓から見える夕日…
 ・おばちゃんの人柄…

1泊3000円以下は、安い!

外国人もよく泊まるとのこと。
石川の、門前の、この宿のことを、
わずかな人数であっても、
世界を旅する人たちは 語り継いで行くだろう。

旅人の一人として、私も一筆。
間垣の途切れたところに回転灯。
まさか、散髪屋さん?
実は都会経験の豊富な理容師さん。
「耳エステ、体験しませんか?」
「します、します!」

なぜ南国の風を感じるのだろう。
なぜ口が開いてしまうのだろう。
≫ MAPに戻る