2008年2月16日  輪島市 門前町門前

門前町のシンボル、総持寺。

案内の人によると、
「地震で敷石が破損した」らしい。
しかし、山門自体に被害は無かった。
災害を越えて立つ山門。
自然に頭が下がる。
「ここは地震の被害がありまして、
  立ち入り禁止です。
  数日後に、取り壊して立て替えるんです。
  この材料を、できるだけ生かして」

雪が解け残る座禅堂。
自然に合掌する。


店舗が壊れて、
プレハブでの営業再開となった洋品店。
中は密林のよう。
床に、壁に、天井に商品陳列。
入店してまず声が出てしまう。
「うわあーっ!なんという品数!」
門前の人たちのパワーだ。

ご主人が出てきてくださった。
穏やかに、復興への道のりを語る。
で、話題は寒さ対策になったのだが。

塚田:コート重ね着2着
     手編みベスト1枚
     シャツ1枚に下着1枚

ご主人:グラウンドコート1着
      シャツ1枚
      下着5枚・・・・・ え!?ご、5枚?

上のシャツを次々にめくって見せてくれた。
さすが、洋品店のご主人!
さすが、というほかはない。 

チリーン!通りから鈴の音。
ご主人はさっと外に出る。
総持寺の寒行托鉢。
ご主人は浄財を渡して合掌。
いつものことなので、スマートである。
私も、見よう見まねで、合掌。

門前高校の体育館へ。
2006年のクリスマス前、
「幸せ配達人」として 当選賞品を持ってきたんだ。

当時のサッカー部キャプテンは、
進学を控えて勉強中。
あ、いま休憩中。

当選賞品のビブス(ゼッケン)。
使ってくれている。
被災したメンバーもいる中で、7番が、5番が、
みんなが、走り回っている!
今も、これからも。

がんばれF.C.Monzen!!
≫ MAPに戻る