2008年4月19日  穴水町 上曽山

機材トラブル、今度はカメラ。
取材テープの巻き戻しや再生が不可能。
録画はできるみたいだが、映っているのか?
家庭用カメラ技術は 進歩しているのになあ。
運動会ではみなさん上手だし。

穴水町の電気量販店。
穴水町上曾山(かみそやま)。
幹線道路があるけれど、 バスは1日6本だけ。

ディレクター:「町に戻らないといけません」
  塚 田  :「どうやって?」
ディレクター:「この紙持ってください。
          乗せてもらいましょう」
初めてのヒッチハイク体験。
しかしもともと車があまり通らない。
通っても、乗せてくれない。

私が運転手なら…
  ・・・乗せたくないかな、こんな中年男性。

と、思ったら!

停まってくれた。 乗せてくれた。
ありがたいなあ。

「若いときはわしもねえ、
 東京からヒッチハイクで来たよ」

あっという間に穴水駅。

駅前で小学1年生に出会う。

ランドセルは、ピカピカ。
中の筆箱も、ピカピカ。
鉛筆も、全部、きれいに削ってある。
「おじさんのこと見たことある?」
「みたことある!」
「これテレビ出るん?」
「出るかもしれんぞ」
「じゃ、この丸坊主は?」

あのなあ、大人には大人の事情があるんだよ。


海の方に出ると 「イカダ カセ」の看板。
これは何か?

看板の男性に話を聞いたら、
「イカダカセ」を見せてくれるという。
海上保安庁の人も来るという。
これが「イカダカセ」。
動力の無い、釣り用の船だ。
中にくつろげるスペースもある。
他のボートに曳航してもらって沖で釣る。
一人2000円くらい。

いい気分だろうなあ、雨でなければ。
≫ MAPに戻る