2009年1月31日  七尾市 舟尾

誉ドコ・ミステリーツアーにようこそ。

本日は、七尾 市舟尾(ふのお)、
「マンポ」を探す旅でございます。

地元にお住まいの方にうかがった、
謎の場所でございます。


到着までにご想像ください。
「マンポ」とはなんでしょうか。

 ・「万歩」…長い距離?
 ・「漫歩」…そぞろ歩きできる場所?
 ・「MAN POWER」…人力?

道中の名所と致しまして
彫刻作品の展示がございます。

 ・カメラを構えた少年
 ・イルミネーションのついた男性

新しい謎まで加わり、
少々、私、心配になって参りました。

到着でございます。

藩政時代、土地の有力者が掘った
水のトンネルでございます。

二宮川を分岐させて 灌漑用水にしたのです。

労力が「一万人歩」だったこと、
鉱山坑道を「まぶ」と言ったことなどに 由来する
「マンポ」でございます。

「海を干拓し稲作が出来る町を作る」
当時の発想の大きさ、夢の大きさに触れました。

謎の彫刻のコレクターでございます。
ヘルメットをかぶせて、これにて完成形。
アートの世界はよく分かりませんでした。
あくまでご趣味で、
子どもたちには人気でございます。

謎とロマンの町、七尾市舟尾でございました。
 
≫ MAPに戻る