2009年4月25日  七尾市 万行町

「爽やか」の意味をかんがえる。


【1.すがすがしく快いさま】

競歩の山崎勇喜選手は、
50キロを3時間40分12秒で歩く。

飛ぶように歩けたら すがすがしいだろうなあ。

【2.気分のはればれしいさま】

七尾市万行町の大通り。
私を見かけて車からわざわざ降り
声をかけて下さる。

うれしいなあ。気分晴れやか。
奥様、私、やっていけそうです。

【3.はっきりしているさま】

リポートしていたら、
隣でバスが停まり、ドアが開いた。

あ、ここはバス停の前。乗りません。
運転手さん、 紛らわしくてすみません。

【4.態度がすっきりしているさま】

コンビニにお買い物ですか。
あら、おしゃれなマイバッグ。
今年から始められたんですか?
えっ?10年も前から?
エコな奥様、買い物姿もすっきり。

【5.快適】

住宅地の中を歩く。
ここは「夢見通り」らしい。
マイホームの夢が形になった場所だ。
もうずいぶん古いようだけど
お住まいの方々、さぞ快適だろう。

【6.好感が持てる】

「POP ART」=「ポップ・アート」
アート好きな私は、好感と好奇心。

実は「SQUARE」=「広場」だった。
視力 0.1 の私の早とちり。

【7.新しくさっぱりしたさま】

うどん屋さん「角屋」。
角にあるから、ではなく、
本店が愛知県犬山市の 「角屋」だから。

え?私が「爽やか」ですか!

【8.鮮やかなさま】

ご主人は、金沢のうどんに惚れ、奥様に惚れた。
ご主人亡きあと、母娘で味を継ぐ。
湯気の奥、出汁のうまみくっきり。

爽やかな、七尾市万行町の人たち。

 
≫ MAPに戻る