2009年5月2日  七尾市 大田町

≪一本桜について≫

もろともにあはれと思へ山桜
花よりほかに知る人もなし

七尾市大田町、緑に混じらず散り残る。
私もきょうは孤独な旅人。
なぜかインタビューに答えてもらえない。


≪リュックの中身について≫

【数珠】  お寺を訪ねることが多いため。
【笛】  道路を横断する時に使うと、
     車が停まってくれそうだから。
     使ったことは無いけれど。

≪かきもちについて≫

「塚田さん、かきもちあげる」
「ありがとうございます。表札みたい!」
「でも、写さんといて。困る」
「お話だけでも」
「だめだめ、困る」

≪海門寺について≫

石段と山門が大きい。
威圧感がある。
境内の卒塔婆とか、
お寺の由来とか知りたいのだけど。
話を聞ける人がいない。

≪梅鉢紋について≫

お御堂には、加賀藩の家紋。
関係者らしき女性が通り過ぎたが、
詳しい話は聞けなかった。

とりあえず数珠を携え、 旅の安全を参拝。

≪菜の花について≫

毎年、この映像を撮影。
菜の花畑で喜ぶ様子。

ま、きょうの場合は、インタビューがうまくいかずに
仕方なく花に埋もれる…。

≪鉄塔について≫

火の見櫓か?登れるのか?
家の方にうかがったが
「お父さんの無線の…  よく知りません」

詳しくは聞けなかった。

≪地名「滝の尻」について≫

近くに滝があるのか?
緑の中におしゃれな建物。
デイサービスセンターだった。
挨拶したら騒ぎになってしまった。
迷惑そうなので、退出。

≪呼び戻しについて≫

番組は見ているけれど、
出るのは嫌という方が多い。
途方にくれていたら
デイサービスセンターから、逆転の呼び戻し。
≪記念写真について≫

「理事長の許可が出ました!」
恐縮して再訪問。
地名の由来を知る男性も。
「滝の尻川の、急流がある」
行ってきます
…その前に、職員の方と記念の一枚。

≪苦労について≫

山を登り、道なき道を辿り、
到達した小さな橋の上。
「滝」はこの辺なのだろう。
苦労した旅だったなあ。
七尾市大田から滝の尻。
花よりほかに知る人もなし。

≫ MAPに戻る