2009年5月16日  七尾市 鵜浦町

ミステリー劇場「誉座」開演。

【一幕】
田んぼの中に立つ、謎の赤い旗。
七尾市鵜浦(うのうら)、
のどかな舞台に目立つ、真紅の旗の意味は?

【二幕】

証人登場。田んぼの作業の男性。
「きょうは祭り」というものの
全然祭りらしくない様子。

ここからストーリーは急転直下!
シートベルトをご確認ください!

唐突に始まった、地域独特の儀式とは?

飛び入り参加をお楽しみ下さい。
玉串の作法もお気遣い下さい。
説明は、全て体験後に致します。

【三幕】
突然出現する穴にご注意下さい。
そしてしばしの推理に お付き合い下さい。

ひょっとして・・・? まさか・・・!
旅の路上で、懐かしい友人に会ったようです。

証人は、 この穴のオーナーの奥様。

「昔は防空壕にもしていたけれど、
 収穫したイモを貯蔵しています」

もちろん、覚えておりますとも。
珠洲の上戸の、あの現場を。('07/05/26参照

【幕間】
夫婦のかけあいで お楽しみ下さい。

重なり合いと、譲り合いが絶妙。
まるで職人芸のような 息の合い方です。
私の入る隙間がありません。

【四幕】
最後は謎の建築物に突入致します!
油断禁物!

看板も何もないこの小屋は、
実は、この辺りでは
一番大賑わいのコンビニでございます。


舞台:謎の旗
    謎の穴
    謎の小屋
土産:コーヒー牛乳
出演:七尾市鵜浦の人たち

次回も乞うご期待!

≫ MAPに戻る