2010年5月17日〜20日  宝達志水町 北川尻・宝達山

5月なのに雨で寒いねえ。
でもこの一言で暖まるんだよ。
「いつも見てます」
ありがとうございます。

宝達志水町北川尻。
こちらのお宅のリフォームですか。

ご夫婦は、隣の工場で
「内職」をしているそうで。

糸をロールからロールに巻き替える作業だって。
「なぜ巻き替えるのですか」
「分からん」

AのロールからBのロールへ、
糸を巻き替えると、
何かメリットがあるのだろうか。

考えながら歩いていたら、
郵便配達の方の 邪魔をしたようで。
ごめんなさい。

別の工場にお邪魔したら、
ここでも!
糸の巻き替え作業をしてました。

巻き替えるときにラメをより合わせ、
キレイな糸にするらしい。

メイド・イン・宝達志水の
刺繍糸は、砂漠の国に輸出される。
婦人用のサリーの
刺繍糸として使われるそうだ。

へえーっ!
驚くしかありません。

町役場に確認の電話。
糸の巻き替えの理由は
 ・糸を強くする
 ・糸に模様をつける

え? これからですか?
宝達山の山頂で待ち合わせ?

山頂で出会った役場の山本さん。
 ・これからサクラを摘む
 ・塩漬けにする

「サクラはもう遅いでしょ?」
「論より証拠、行きましょう」

本当に満開の八重桜!
私が見たところ数百本。
こんな名所があったとは。

ボランティアの方々が楽しそうに摘む。
そう、サクラを見ながら
怒る人はいませんから。

塩漬けにしたサクラは、
サクラ茶にしたり、押し寿司に使ったり。

去年漬けたものを頂きました。
ほのかに甘酸っぱい香りで、春のエキス凝縮。
新しい名物にしようとしてるんだなあ。

「前にまつなみアナが
  1人で来てレンコン掘り作業を撮っていったよ。 大変そうやね。」
はい、きょうは2人ロケで贅沢です。

宝達山麓の出会い。
言葉も笑顔も温かいなあ。

≫ MAPに戻る