2010年5月24日〜27日  宝達志水町 冬野・免田

誉ドコミステリーツアーにようこそ。
本日は、冬野・免田にご案内致します。

謎:「こしのしたみいた」の張替え作業とは?
し・た・み・い・た、でございます。

答え:
木造建築の壁板の、
横に長い板を「下見板」、
建物の中から下部を 「腰」と申します。

これが「下見板」でございます」。

建物修理もなさる便利屋さんの
西さんのお住まいには、
薪ストーブがございます。

火が消えても長く暖かく、
シイタケの乾燥に便利な、
デンマーク製の逸品です。

西さんのお宅の前で
また謎でございます。

謎: 住宅街に響く太鼓は?
答え: 運動会の鼓笛隊の練習。

謎: なぜ運動会で鼓笛隊?
次々にミステリーが続きます。

押水第一小学校の教頭先生の証言です。

・1991年の石川国体で披露したら 好評で、
  小学校の伝統に。
・高度なフォーメーションを
  地域の人も楽しみにしている。

免田駅前、人影が途切れました。

謎: 屋上の巨大な黒い物体は何?

答え: 太陽光発電の施設。
  この建物は電気工事の会社でございました。

社長のお父様は、「資格」を
15も持っていらっしゃいます。

謎:お父様の本職は?
答え:便利屋さんだそうです。

この町はデキる男が多いのでございます。

お父様から、近くの名所について
証言を頂きました。

謎: 遊ぶんだ広場とは何か。
答え: 1991年に出来た公園ですが、
     地元の方もご存じないご様子でした。

遊ぶんだ広場に看板がございました。

謎: 看板に「カニはどこかな」の文字。

カニは見当たりませんでした。
しかし、謎を解くカギはもう出そろっておりました。

15分ほど考えてひらめきました。

答え: 上空から見ると、タイルの模様が
     大きなカニのデザイン!

宝達志水町免田。
能登の入り口はミステリーの宝庫でございます。

≫ MAPに戻る