2010年6月28日〜7月1日  かほく市 高松中町

かほく市中町で貴重な証言。
イワイ家具の奥様によると、ご主人は
 ・校長先生に見られる
 ・顔が独特…

はい、もう会わずには帰れません。


ご主人の岩井さん!
おお、確かに風格がおありで。

前PTA会長として
また商店街の理事長として、
お忙しく元気な方。


お母様の和子さんは、午前3時!に自室で書道

 ・誰も邪魔しない
 ・静かである
 ・精神統一できる

現役の書道ガール、未明に活動。


通りを挟んで「橋爪時計店」へ。
壁に大きな古時計が。

 ・お客様の不要の時計
 ・ねじを巻けば動く
 ・売り物ではなく、飾り

それでは商売にならないでしょう?

「いや、売りたくない」

時計屋さんなのに
時計を売りたくないご主人。
時計の博物館を作りたいそうだ。

捨てるに捨てられず
店に持ち込まれた時計たち。
ご主人の宝物である。

 ・時計は人生を刻むもの
 ・技術の進歩を示すもの
 ・だから売れない

ご主人は、時計屋さんなのに
なぜ腕時計をしないのですか?

 ・だって周囲に時計がある
 ・腕時計をするのは好きでない

いまはメガネが主力商品だそうで。

通りの反対側で手招きされた。

「いつも見とるよ。
  お茶飲んでいきなさい。
  いま 『はちく』 の皮むきしとったんや」

「はちく」というのは?


淡竹(はちく)
  …中国原産の細い竹
    タケノコは6月ごろに旬を迎える。
  …生で食べてみたら、甘みもあるが
   えぐみもあった。

「ほりゃ、ゆでて食べるもんや」


和菓子の羽田光月堂さん。
「朝市で会ったね」
「は?」
「はまぐりせんべい、あげたやろ」
ああ、あの時(2007年11月24日)の方ですか。

かりっと強めの歯応え、香ばしい。


すぐ近くの金谷さんも和菓子店。
磯貝せんべいが名物。
しっとり柔らかく、これも美味しい。

高松中町と下伊丹町は
L字につながる商店街。
個性ある店と人、そして笑顔」


≫ MAPに戻る