2010年7月12日〜15日  かほく市 高松南新町

出会いの空中ブランコ
かほく市高松南新町。

短冊には
「となりのことなかよくできますように」
おじい様は孫が可愛くて 仕方がない。

そのお宅の前の畑へジャンプ。

ご主人:「こっちがサツマイモ、こっちがジャガイモ」
誉 :「そんなにたくさん植えて、どうするんですか」
ご主人: 「・・・・・・・・。 食うげんわい」


隣の工務店へジャンプ。

入り口の前の巨大な板は…
見本市で買ってきたそうで。

誉 :「寿司屋さんのカウンターに?」
社長:「いえ、一家団らんに使って欲しいです」


誉:「これは立て札でしょ?
   『立ち入り禁止』のような」

社長:「いいえ、これは
     おがくずを集める掃除用具です」

道の反対側の工場へジャンプ!

羽田さんの鉄工所は作業中。
奥様:「鉄のかたまりを旋盤で削って
    輪にして、穴を開けるんです」
誉 :「で、何の部品になるんですか」
奥様:「詳しくは知らないんです」

元受付嬢の美人の奥様。
ご主人を支えて工場勤めの20年。


勢い良く弾みをつけてジャンプ。

「近くにブドウ農家があるよ」
軽自動車の女性が 行き先をアドバイス。

道路に線を描いて教えてくれる。
いい人ばかりだなあ

ジャンプの途中で寄り道。

自動車工場で作業中の方。
よく見るとベビーカーですが・・・
「洗車です」
確かに。
「木の根っこの芸術家がいるよ」

住宅街の一角の倉庫へジャンプ。

切り株を整形し、磨き、ツヤを出し、
鳥の人形やキノコを飾る。
100点以上の作品群。
「退職後の趣味や。熱中して3、4日で作れるよ」

この近くに、海があった。


雄大なハウスの海そのただ中、
今本ブドウ農園に大ジャンプ。

摘ませてもらった一房は、
ずっしり重く、はちきれそう。
口の中がしみるくらい甘い。

出会いから次の出会いへ。
いい人ばっかりだよ。

≫ MAPに戻る