2010年11月8日〜11日  津幡町 下河合

津幡町河合谷。 この村の「宝」は?

いまは閉校になった
河合谷小中学校のグラウンドには、
パークゴルフ練習の坂本さん。
郵便配達の経験が長く、
地域の人の性格まで把握なさってます。

パークゴルフのクラブはプレー以外にも使えます。

 ・家の方角を示す
 ・マコモの説明をする

津幡特産のマコモの原産地。
「マコモ」は地域の「宝」です」

案内されたのが金田さんのお宅。

お正月に向け、
マコモで注連縄を 作っているそうです。

家庭用の注連縄(しめなわ)、
特にその中心部分を 「カツオ」というそうです。

 ・マコモの藁を叩いてなめす
 ・三つにより分ける。
 ・それぞれに芯を入れて、中央を太くする。
 ・三つをより合せる。

ご主人の技術は、「宝」です。

金田さんのお宅に残る「禁酒」の札です。

・老朽化した小中学校を
  立て替えようとしたが予算不足
・村一丸となって、祭りと婚礼以外
  「飲んだつもり」で1日5銭の貯金
・全国から応援され学校新築、負債も5年で完済

それが河合谷の誇り、
1926年の「禁酒」の取り組みです。
酒屋だった金田さんの店は
当時、商売をやめました。
子どもと教育を大事にし、団結する。
チームワークの村、
そのシンボルの札は「宝」です。


上河合へ歩いて、ふれあいセンターへ。

集落のみこしや獅子舞が保管・展示されています。
人口が減り、高齢化が進んでも、
その伝統は「宝」です。
自然も、山の恵みも。
「宝」豊かな集落で、人美さんは言い切りました。
一番のいいとこは、「人」です。

いまも山間に、祭りの声が
こだまするような気がします。


河合谷、「人」が宝です。

 
≫ MAPに戻る