2011年5月16日〜19日  津幡町 おやど通り

ハリ、ツヤ、コシ、 自信の無い人…

はーい!
津幡町おやど商店街。
倉田美容室に入ります。

腕に電極をつけて、育毛剤を浸透させます。

頭がひんやりして気持ちよく、
まるで「お兄さん」
若返ったような気持ちがします。
(個人差があります)。

外に出た瞬間、買い物の女性に
声を掛けられました。

「お兄ちゃん」

倉田美容室恐るべし。
即効性がありました。

おやど橋のたもとに
やっこさんの銅像。

かつて北国街道の宿場町で
脇本陣が置かれていました。


やっこさんの真似をしていたら、





目の前を自転車で通る人。
「あ、怪しかったですよね」

「大丈夫でーす。 見てます。知っています」



あ、そうでしたか。

反対側のたもとには 酒屋さん「ゴサマストア」。

 ・昔、五三郎さんが経営。
 ・名家だったので 「五様」と呼ばれた。
 ・そのまま「ゴサマ」が屋号に。

ゴサマストアさんに聞いて、
橋の向こうの酒蔵、
久世(くせ)酒造さんへ。

「ねこ」は、酒米を炊く蒸気を
調節するためのふたです。

「たぬき」は、
酒を酌むための、ジョウゴ。

創業220年。
動物の呼び名で 道具が呼ばれるのです。

今年仕込んだ生酒を試飲。

濁り酒と、澄んだ酒、それぞれ2種類ずつで、
合計4杯。

いーや、試飲だけですよ。
うぃっ。

パピィ1通り、
きょうは「当たり日」です。

何が当たるんですか?

500円ごとのポイントカード、
月の第一金曜日に抽選し、
当たると景品が…。。

電器店の松村さんによると
この日の景品は、
久世酒造のお酒と漬物のもと。
借金してでも
当たり日に支払う人がいるほどだそうです。
景品がもらえるそうです。
洋品店「タカモリ」さん。
常連のお客様の
寄り合い所でもあります。

「週に何度いらっしゃいますか?」

「…1日に何べんも来ます」

銀行の隣、ふれあい広場への
「詩人の門」。

なぜ「詩人」なのでしょう。
商店街で聞きまわっても、
分かりませんでしたが…。

門を設置した工房の社長が
曲線の多い、メルヘンチックなデザインから
閃いたそうです。

商店街の人も、役場の人も
懸命に調べてくれました。

パピィ1通りは優しいです。

≫ MAPに戻る