2011年7月18日〜21日  内灘町 白帆台


路上の気温36度!
屋外での運動は原則中止。

でも内灘町を歩くんだなあ。

撚糸工場の奥様に聞いたら、
「岡部さんのお宅のご主人に聞いてみたら」。


「私はともかく、妻が元気。
  浜茶屋に手伝いに 行っているよ」

浜開きなんですか。
行ってみますね。

権現森海水浴場です。

思えば、羽咋以来だなあ。
浜辺に来るなんて。
思わず走ってしまいました。

裸足の砂浜は熱い熱い!

オシャレな浜茶屋
「シャルマ・ダイニング」さん。
南国のリゾート風です。


「岡部さんなら、となりの店ですよ」。
1000人が利用できる
大きな浜茶屋「大日荘」さん。
岡部さんは厨房で忙しそう。

「お世話になった人の接待で
  料理を準備中です。
   ええ、楽しくなりますね」


バーベキューのほか、
地引網体験も人気です。

係の漁師さんに聞いたら、
親切に、砂に絵を描いて
ロープと網の位置関係を教えてくれました。

雑誌に出てきそうな
デザインの家が並びます。
大きく海に向けて 開けたテラスをみると、
オーナーの方の気持ちが分かるようです。

そんなお宅の一つです。
奥様は京都の海のない地域の
ご出身だそうです。

「憧れだった海の見える家に住めて幸せです」
夢をかなえたご夫婦です。

白帆台の喫茶店、 「カフェドマル」です。

一番人気の席は、
海を背にした窓の前です。

なるほど、
海の方角だけが良い景色とは 限らないです。

美人姉妹の
「水出しコーヒー」が自慢。
8時間かけて抽出します。
あっさり、すっきり、爽やかです。

「隣に素敵な女性の店が ありますよ」。

美容室「マカマカ」。
ログハウス調の店内は南国風。
「海の近くに建てたかった」
夢をかなえた笑顔が輝きます。

内灘町西荒屋から白帆台。
海も、山も、街もきれいです。
 
≫ MAPに戻る