2011年10月24日〜27日  内灘町 緑台


内灘町のカラフルな旅、
地名は「緑台」です。


地面を使って丁寧に
道案内して下さる男性。
これが緑台の優しさです。

教えてもらった遊歩道を
散歩中の男性です。
茶色の帽子がおしゃれ。

交換してみました。

どうも私は軽薄に見えて…


緑台に建つ「黄色」の家。
「お金貯まると思って、黄色にしました。
  ・・・でも貯まりません」

色々うかがって、 失礼致しました。

「黄色」の帽子で散歩中。
千鳥台幼稚舎の 園児たちです。

「来て下さい。 みんなで待ってます」

そうですか、
では…

来ちゃいました。

「白」の壁、
鮮やかなステンドグラス、
控え目な園長…。

今年の春、 出来たばかりです。

県内の幼・保一元化の
さきがけとなる施設とのこと。
カプラという積み木で、
1.5メートルのタワーを作っていました。

協力、集中力、達成感を学びます。

専門の栄養士さんが、
園児の健康を考えて給食を作ります。

おやつのアメリカンドッグ、
ふかふかで美味しかった!
愛が一杯です。

お客さんが途切れない
パン屋さん「ソレイユ」です。

「白」…生クリーム
「茶」…パン生地
「黒」…水ようかん!
しっとり柔らかいです。!

ご主人の岩田さん。
アイデア豊かですが、基本は
「当たり前のこと」と
「おふくろの味の気持ち」。

そこに、常連さんが ついてくるのです。

すぐ近くの「とぎみつ豆腐店」。
ご主人1人による
手作りにこだわります。

「子供の頃から 豆腐が大好きです」
ご主人は楽しそうに語ります。
ご主人、きょうの出来は?
「いつも通り。美味しいです」

一番大切なんです。
「当たり前」や「いつも通り」が。

内灘町緑台、締めくくるのは、
「純白」! 
 

≫ MAPに戻る