2011年11月21日〜24日  金沢市 東蚊爪町


東蚊爪(ひがしかがつめ)の
誉ドコ・ミステリーツアーにようこそ。

浅野川の「鞍降橋」のたもと、
観音堂にお参りすると、
1枚の肖像写真に気づきます。

【謎1】  この写真の主は?


橋の近くのお宅の玄関先に、
いけすがあって
体長25センチのカメが4匹いました。

【謎2】 なぜカメの飼育を?

お宅の裏に回ってみたら、
駐車場のコンクリートの中央に
10センチ程度の足跡2つ。
行き帰りの足跡がありません。

【謎3】 誰の足型?どうやってつけた?

お宅の方が登場して
謎を解いてくれました。

【答え2】
孫娘に頼まれて
浅野川でカメを捕まえ、育てて数年、
大きくなりました。

【答え3】
足型を記念に残すため、
生乾きのコンクリートへ、
おじいさまが孫娘を抱っこしたそうです。
自分の足跡がつかないよう、
板を渡したそうです。

手押し車のおばちゃんに
うかがいました。
「東蚊爪は川の町やね。
  浅野川、大宮川、そして用水があるよ。
  昔は水遊びしたよ」

そういえば、せせらぎが聞こえます。

【答え1】
平沢嘉太郎(ひらさわ・かたろう)。
1920年代、浅野川電鉄を起こし、
蚊爪駅を設置しました。

地域の発展に貢献したこの人を、
観音様とともに祀っているのです。

地域の名家、河合家です。

文化財のような絵画、掛け軸、
陶磁器が展示されています。
ふすまで仕切られた部屋がたくさんあります。

【謎4】  何部屋ありますか?

ご家族の生活スペースは 別にあって、
大部分の部屋はほとんど使わないそうです。

部屋数を数えてもらうと…

【答え4】
20を越えたあたりで、分からなくなりました。


東蚊爪の端にあるのが 「飛行橋」。
中央にプロペラらしい
マークもありますが…

【謎5】  なぜ「飛行橋」なのでしょうか。

橋の中央に立ってみました。
見晴らしがよくて、
用水沿いの家並みがよく見えます。

そうか!
飛んでいる気分になるから
「飛行橋」なのかなあ…?

近くの電気屋さんに尋ねると、
「塚田さんが 飛ぶんじゃないですか」

確かにそんな気分でしたが。

【謎6】  店の前の柱の文字、
     「ン 8 〜 毎」は何ですか?

【答え6】
「シャッターを下ろせば、
  文字が完成するんです」

ご覧のとおり。
シャッターが上がっていると
「ン8〜毎」しか見えないです。

「飛行橋」について
田川自動車さんに聞くと…。

「昔、この町に飛行場があったんです。
 だから飛行橋です。
 飛行道路もありますよ」

【答え5】
太平洋戦争前、
ここに軍用の飛行場があったのです。
今は運転免許センターがあり、
自動車に縁のある町です。

古く、深く、新しく、優しい。
ミステリー満載の東蚊爪でした。
 

≫ MAPに戻る