2012年1月30日〜2月2日 金沢市 福久町

クイズ、誉のドコ行く?!
謎解きエンターテインメントに いざないます。
問題: この建物は?

答え: 味噌蔵でした。
そばまで水路があった名残で、
入り口が高くなっています。

金沢市福久の旅は、
地元に詳しい荒木さんから。
問題: この場所は?

答え: 加壽賀(かすが)神社。
境内に涌く井戸の水には、
ご利益があるといいます。

問題: 加壽賀神社の井戸のご利益とは?

答え:「弾よけの水」。
飲むと、戦場で敵の弾に
当たらないといいます。

近所の奥様はよくご存知です。

詳しいことを聞くために
訪ねた中川さんです。

玄関には
「福久町町会長」の看板!
頼りにしています町会長、磨いておきます。

今は鳥居はありませんが、
石碑と井戸が整えられています。
もう水は涌いていません。

この地域の名前「かねと」から、
「かねと神社」とも
呼ばれるそうです。

問題: 「いくつですか」

答え: 「いっさい」
「お名前は?」 「いっさい」
雨でも雪でも歩くの大好き。
中川めいさちゃん。
かわいいなあ。

問題:何と読むでしょう。
   「瓊瓊杵神社」

答え:「ににぎじんじゃ」です。
立派な鳥居があり、加壽賀(かすが)神社も
合わせて祭礼が行われます。

神社のすぐ隣は、千坂消防分団の倉庫です。
その脇に高さ10メートルの
2本のポールがありました。
ワイヤがぶら下がっています。

問題: 何に使うでしょう。

答え: 使い終わったホースを

吊り下げて干すもの。
近所の表さんに聞きました。

よくご存知で、
親切に説明して下さいました。


田園風景が広がる中、
古い農家の納屋の前に、
なぜか、お洒落なベンチを発見しました。

問題: 何に使われるでしょう。

その答えを聞く前に、
もうひとつ謎を発見しました。
玄関のすぐ横に 納屋の引き戸がありますが、

問題: 引き戸の右側の戸は
     どうやって開けるでしょうか。

答え: 左側の戸袋へ雨戸のように引き込む。


小林さんご夫妻は
およそ1年前にこの家に
引っ越してきたそうです。

答え: このベンチで周囲の
     田園風景を見るのが好きだそうです。

訪ねてきたお友達の
喫煙所にもなっているそうです。

問題: 納屋には何が入ってる?

答え: ジープ、オープンカー、
     バイク、そして工具類です。

機械が大好きな小林さんは、
車を自分でチューンアップします。
納屋は男のロマンのスペースです。

問題: 小林さんの職業は?


答え: 工具の修理を請け負っています。

万力、スパナ、レンチ、 グラインダー…

私の知らない工具類や部品が並んでいます。  

問題: 機械いじりの何が面白いですか?

答え: 病気の機械を治すと、
     また働いてくれるところ。

まるでドクターなのです。
福久の旅は終わりません。  
 
≫ MAPに戻る