2012年2月6日〜9日 金沢市 福久〜八田町

クイズ、誉のドコ行く?!その2。

謎解きエンターテインメントです。
車とバイクを整備する
メカ大好きな小林さんのお宅。

問題:この納屋の2階は?

答え:ラジコンサーキット。

お仕事は工具類の修理、
ご趣味はラジコンです。
マシンに触れる夢をかなえた、
小林さんの城なのです。

金沢市福久の裏通りに、
お城のようなお宅を発見。

中田さんには漆塗りの器も
見せてもらいました。
煮豆の容器だったそうで、
おたまも漆塗りでした。

続いて八田町を歩きます。

茂登(もと)さんによると…

・端から端まで雪かきをまめにする地域
・一度入ったら、夕方まで出られなくなる地域
問題:雪道の「金沢しぐさ」は?

答え:自宅前だけでなく、
   人の家の前まで多めに雪かきをする。

そのために道が
すっきりしているのです。

問題:八田町はなぜ
    一度入ったら夕方まで出られないと
    言われるのか。

答え:道が複雑のため。
郵便配達する中黒さんを 探してみます。

昔、水路だったのです。
交差点が不規則で、見通しも利きません。

光徳寺、宝円寺と、
須々幾(すすき)神社に お参りします。
中黒さんに会えるでしょうか。

会えました!

郵便局から委託されて
200通以上の郵便物を配る酒店の中黒さん。
地理が頭に入っています。
お会いできたのは、
お寺と氏神様のおかげです。

迷いながら歩きます。

「お友達の家に行くところ。
  いっしょに笹寿司を食べるつもり」

藤田さん、ついて行っていいですか?


黒板に「パン」の文字。
「夜の2時間だけ パンを売っていますよ」

問題:なぜこのパン屋さんは
    1日2時間営業なのか?
    答えは来週です。

藤田さんに教えられた斉藤鮮魚店さん。
乾物や野菜はありますが…

問題:魚はどこ?

答え:あ、私の背後でしたか。
失礼しました。

八田町は、河北潟に近く、
ウナギなど漁業も盛んでした。
今は市場で仕入れます。

販売だけでなく、
昼食を調理して仕出しもなさっています。


問題:この女性はなぜ
    白衣を持っているのか?

答え:かきもち作りをするため。
   「金沢もちの里へどうぞ。
    かきもち作っていますよ」

「どうぞ見てください。いま編んどらがで」


問題:かきもちは、どうやって「編む」のか?

ミステリアス八田町。
謎は来週に持ち越しです。
 
≫ MAPに戻る