2012年6月18日〜22日 金沢市 堀切〜曲子原

行き先不明のコーナー
誉のドコ行く?本領発揮。

突然、山の中の金沢市堀切町へ。

竹林さん、楽しいお話を
ありがとうございました。

堀切町を見渡せる
ベストビューポジションは、
土子原(つちこはら)小学校跡地
と聞きました。

いまは子ども広場として
活用されています。


グラウンドの端に立って
見渡してみましたが…

閉校して20年、木立が茂り、
見通しが利かないです。

これじゃ引き下がれない。


家族でできる仕事に就きたい。
脱サラし専業農家になった
宮本さんの最初のネギ畑へ。

見晴らしはまあまあですが、
夢ははっきり見えましたよ。

私が個人的に決めました。
堀切町を見渡すベストの位置。
田んぼと集落、山並みです。

結局、最初の場所から
徒歩3分のところ。


曲子原町(まげしはらまち)で
最初に出会った荒木さん。

草刈は唄いながらするとはかどるそうです。

「サッカサ〜」

鎌倉より前の時代、
のどが渇いた旅の僧に、
貴重な水を分けたところ、
岩を鎌で切り付けて行ったそうです。

そこから涌いた清水が、
いまも集落を潤す、命の水!

荒木さんも、こちらの西山さんも
湧き水で作ったお茶を
ボトルで持ち歩きます。

上水道よりも、
湧き水が身近な地域です。

湧き水は道路の蛇口から
自由に出せます。
防火用水にもなり、
洗車にも使うそうです。

山間ですが、
水に恵まれている町です。

カキの木を切るのが忍びなく、
最初から穴開きの塀にしました。
数十年経ち、
今では木が成長し 立派な実をつけます。

冷たい湧き水の町は、
暖かい人情の町でした。

 
≫ MAPに戻る