2012年7月2日〜6日 金沢市 柚木町〜不室

明治中期には直江谷村と
呼ばれていたところです。

森本川上流、柚木町(ゆのきまち)。

ユズの木があちこちに。

地元の方々によると、
ユズを栽培していたため、
町の名前がついたとのこと。


ごみ収集の係の方が
元気な声を掛けてくれました。

「見てるよーははは」
金曜日はごみの日なんですね。

丸山さんのお宅を見学。

あの車庫の天井のダンボールは何ですか?
「ツバメの巣があるんです。
 カラスに狙われないよう、目隠しです」

優しいなあ。

周囲の木を切って、門を作ったのが6年前。

納屋や蔵は、明治の建築物。
並んでいても
どちらが古いか分かりません。

おじい様は自分で石を切り、
石塀を作ったそうです。

リフォームされた土蔵は
まるでログハウスのよう。
こちらは業者に頼んだそうで。


こちらがその業者さん。
田園風景の中のメルヘンチックな建物。


お訪ねする前に
気になったのは…

【ご自由にお取り下さい】?


「デリケート・トゥール」は
工務店・建築事務所で、
建築用木材の端材を 燃料の薪として
無料提供しているそうです。

おとぎの家に見えたのは、
事務所兼雑貨店兼
モデルハウス兼社長自宅。

見せてもらいました。
イギリスの田舎風の室内は、
アンティークが馴染みます。

柚木町と不室町の田園が
窓の外に広がります。

手作りの良さを楽しみながら、
ゆったりとした暮らし。

いいなあ。


大通りの向こうの小屋から
こちらを見ているのは、 ヤギ?
近づいてみると
アヒルもいました。

こちらの建物は、何ですか?

ヤギはミルク用、
アヒルはタマゴ用だそうで。

トラットリア・アルベロ。

「石窯でピザを焼いてます。
  よかったらどうぞ」

巨大な木の扉。
洞窟の入り口のようです。

モンスターがいて
伝説の武器が 眠っているような。

ゲームのやり過ぎですか。

マルゲリータ1,200円。
400度の窯で、2分かからずに出来上がり。
チーズとトマトがふわふわ。


柚木、不室の旅路は
熱く、優しく、ほのぼのと。

 
≫ MAPに戻る