2012年8月6日〜10日 金沢市 夕日寺町

手元の温度計は36度。
「暑い」と言ったら罰ゲーム。

金沢市夕日寺町です。

玄関に貼られた
もみじマークについてまず聞きましょう。

幼稚園児の孫娘が、
いたずらで貼ったのを
寺田さんご夫妻は
そのままにして15年。

お孫さんはいまは
大学生です。

左の寺田さんのご主人は
昔のガキ大将。
80歳を超えても、
一目置かれる存在です。

夕日寺の観音様に
お参りしたいというと、手配してくれました。

お御堂に入るには カギが必要とのこと。

寺田さんに呼ばれて
軽トラックが来ました。

助かります。

合掌すると目に入るのが、
左右の「絵馬」です。

絵から抜け出て
暴れたそうですが、
綱を書き足してから
おとなしくなったそうです。

観音堂の境内では、
かつて9月1日に盆踊りが
行われていました。

この日のために
男女とも毎年浴衣を 新調したそうです。

今も浴衣を作る和子さん。
友人・知人に頼まれます。

孫娘が、袖だけ通して、
「おばあちゃん、早く」と
仕上がりを待つ様子が
大切な思い出だそうです。


夕日寺に来たら訪ねたい、
健民自然園です。

あの階段を上ったら
      人に会えるでしょうか。
芝生広場には誰もいません。

当たり前ですよ、
こんなに「暑い」時は
…あ!

罰ゲーム、
腕立て伏せ10回。

自然園の森の奥から 聞こえてきたのが
太鼓の音です。

しかし、森の中にも
水辺にも、太鼓奏者は
見つかりませんでした。

旧夕日寺小学校は、いまは公民館です。

通りかかった女性に聞くと
「明日、あさってお祭なので、
 山王団地の公園で
  太鼓を練習してるんですよ」。

おお、この音だ!
小学生たちがバチを振るっています。

「達人」と呼ばれる男性が
ちょうど到着しました。

「私、珠洲出身です」。

「団地に祭が欲しいので、
  キリコを建造し、太鼓も取り入れました」

神と書かれたバチから繰り出す
魂のこもった音が、
山王団地に響きます。


小学生たちにその音色が
受け継がれます。
そして伝統が生まれます。
「暑い」でなく、「熱い」です。
町の人の気持ちが。

可愛がってくれてありがとう。
 
≫ MAPに戻る