2012年8月13日〜17日 金沢市 山王町

山王団地を歩きます。

謎1.
この看板の意味は?
確かに「ギャルリーさわ」。
ギャルリーって
ギャラリーではないの?

謎2.
この長い階段の先は?

すぐ前のお宅に聞いてみると…

「左はお墓に、右は遊歩道ですよ」。
「一緒に登って くれませんか」

私の急なお願いにも
快く応えてくれました。

遊歩道は草木が茂って、
歩けませんでしたけど。


例の「ギャルリー」の隣が母屋と聞いて
訪ねた 北澤さんです。

加賀友禅の作品を展示した
ギャラリーでした。
北澤さんは糊置き職人です。

いまは「ギャルリー」は
開いていませんが、
糊置作業は続いています。

ハイカラな響きにしようと、
あえて「ギャルリー」という
表記にしたそうです。

謎3.
これは何の植物?
何のために干されている?

奥様の西田さんが
この作業について
教えてくれました。

カタハを塩漬けにして、
塩を洗って干し、
改めて粕に漬けます。

漬物は数十種類あり、
作業の日誌や、
専用の冷蔵庫もあります。
スイカの塩漬けは、
甘味あり、歯応え爽快。

ミョウガやユズの粕漬けも
粕の甘みがよい感じ。

え?
梅干しのナンバ漬けですって?

唐辛子の辛味の嵐。

そのあとでウメの酸味と
甘みが出てきて、
実に奥深い味わい。

西田さんは漬物名人。

スケボーと自転車の
少年3人に教えてもらい、
訪ねた「化石広場」です。

一面に白く見えるのが、貝の化石です。
100万年から200万年前は
ここが海だったのです。

学校の授業でも
化石を拾いに来るという3人。
きれいな化石を見つける
その速さはさすがです。

ここが海だったのだなあ。
古代の神秘に 心を寄せるひと時です。

公園では、
バッタとり名人の少年2人と遊びました。

ブランコの高さ勝負を 挑みましたが、
おじさん、
気持ち悪く なって敗退。


美容用品の販売を
しているお宅を
たまたまお訪ねしました。

日頃、私について
気になっていることがあるそうです。


扱っているローションで、
頭皮ケアをしてくれました。

玄関がエステサロンに
なったようです。

美容の専門家、
化石発見名人、
バッタとり名人、
糊置き職人…

山王町の名人たちは
個性豊かな方々です。
 
≫ MAPに戻る