2012年10月1日〜5日 金沢市 神谷内町


「鍋に使うネギはねえ、
  白いところが好きなの。
  だから土を多めに かぶせるんですよ」

鍋もいい季節ですね。
神谷内町の木谷さん。

古い集落に入り、村田さんにききます。

近所に「村田さん」が多く、
屋号で呼ぶそうです。
「げんにょさ」、「しべさ」、そして「かわばた」

全部 村田さんです。


長い石垣の立派な、高野さんのお宅です。

築100年の歴史ある建物。
正面玄関の前には、
昔は砂利が敷き詰めてあり、
結婚式では新郎新婦が歩いたそうです。

裏口の窓の格子越し。

「いま出られません。
  何とも言えん格好をしてるんです」

大丈夫です。
映ってないですよ。


神谷内町の氏神様、
野蛟(ぬずち)神社です。
近くには「ぬずちばし」もかかっています。

この境内に、
松尾芭蕉の句碑が。

うらやまし
   浮世の北の
        山ざくら


世俗を離れて超然と咲くサクラに、
芭蕉は 憧れたのでしょうか。

玄関ミュージアムその1。

山崎さん宅。
ご主人がわら細工で、
干支人形やわらじなど
かわいい作品を作ります。
玄関の作品を鑑賞しました。
山崎さんの奥様によると
もっと驚くお宅があるそう。
案内して下さいます。


「お父さん片づけしといて」
え、良いんですか。

玄関ミュージアムその2。

神田橋さん宅。
古くなった着物で、
源氏物語などの一場面を描きます。
動きがある人形です。

何かしている様子、
生き生きとした様子を、
自分の手で作りたい。

お見事です。

こちらもご主人が優しい!

交差点で会ったチワワ。
まるで呼ぶように吠えるので、
ついて行きました。

チワワは先に立って、
歩き、到着したのは飼い主さんのお宅。

「うちの子です。
  そんなとこにいましたか」

もう一匹もお出迎えです。
犬好きな奥様です。
ご家族を亡くされた後、
犬たちが支えになりました。

「落ち込んでいた時、
  この子が救ってくれました」


犬に導かれた旅路。
ほのぼのとした
神谷内町の1日でした。
 
≫ MAPに戻る