2013年1月21日〜25日 金沢市 畝田西

住宅街を徒歩で行くと
道連れになった男性。

「きのうの居酒屋に 車を置いてきた。
 歩いて取りに行く」
とのこと。

金沢市畝田中から西へ。

歩きながら近所の話です。

畝田は60年で10倍に
世帯が増えたそうです。
昨日は見守り隊のあと、
居酒屋さんで暖まったそうで。


お食事処・居酒屋「あさか」。
名物は「センナの佃煮」。
頭を突き抜けるような辛さ!

「男が泣くのを見たくてさ」
と、楽しい女将さん。

店の壁には子どもの絵。

親が飲んでいる間、
子どもが描いた絵を貼っているそうです。

10年以上前のものも。
その時は子どもでしたが、
いまは立派な社会人。
「おばちゃん、結婚したよ」と
店に報告に来るそうです。

女将さんの人柄に
常連さんが集まります。

小学5年生のお兄ちゃんと
3年生の妹です。
木曳野小学校から仲良く下校中です。

「仲はあんまりよくない」

嘘でしょう。


路地で迷ってしまい、
住宅案内図を頼りにしました。

無理、でした。
風雨にさらされて
真っ白な板になっています。
それでも近所の方に聞くと、

「今、ここ」
現在地を示してくれました。

私がいくら見ても、
分かりませんでした。

金石街道に出る直前、
窓に掛けられた
「仏像彫刻教室」の看板です。
しかし入口が分からず、
他に手がかりもありません。

向かいのJA金沢中央に聞いてみると…。

サツマイモの貯蔵庫の一角を
教室に改造して月に2回、
仏像彫刻を教えているそうです。

専務理事が、仏像彫刻に
理解のある方なのだそうです。

温度や湿度を一定に保ち、
質の良いサツマイモを保管。
それを隣で、彫られた仏様が見守ります。

ありがたいですねえ。
合掌でございます。


「玩具問屋」の看板。

どんなお店なのでしょう?

普通のおもちゃ屋さんの
たたずまいではありません。
膨大なおもちゃの倉庫でした。
スーパーボールや、
銀玉鉄砲、ミニカーや水ヨーヨー。
懐かしい夜店の商品です。

専門の業者以外にも、
子供会や町内会などの
イベントの引き合いがあります。

店の人によると、大人の人が、
ミニカーのコレクションを
まとめて「大人買い」することも
あるそうです。

お仕事をしながら、ご自分も楽しい。
なんと幸せ。



金石街道の交差点に立つ
道案内の標識です。

英語と、ロシア語ですか?
なぜロシア語も?

大徳小学校の先生が
親切に調べてくれました。

20年ほど前、
多くのロシアの材木船が
金沢港に寄港していました。

ロシアの船員さんたちが、
迷わないよう、
港の方向を案内したのです。


人の優しさをかみしめ
歩く、畝田の路地です。
 
≫ MAPに戻る