2013年2月11日〜15日 金沢市 御供田町

港の近くの住宅街、
金沢市御供田町です。

「下駄の歯の雪を取るための石ですね?」

「いいえ、車庫への衝突防止です」


「納豆ですか?」

「いいえ、祇園祭の長刀鉾(なぎなたぼこ)。
  厄除けで玄関に飾ります」。


「梁に下がる輪っかは、何に使いますか?」

「あれは、お祭りのときに使うんですよ」。

どう使うのか、
見せてくれました。

秋祭りの提灯を
輪っかから下げるのです。

進藤さん宅は、築150年。
聞けば聞くほど、
奥が深いです。


昔、プラスチック工場だった建物の前で
雪かきです。

東北のイカの塩辛を
この工場製の容器に詰めて
出荷されていたそうです。


晴れ間にお散歩の
幼稚園の麻桜ちゃん。

氷をパリパリと取るのも、
貴重な自然体験です。

御供田町は、
白山宮や加賀惣社への
「供田」だった謂れがあります。
用水に「給水」「排水」の
2系統の流れがあります。

勉強になりました。

リンゴとスモモの木の剪定中の男性に
会いました。

枝の先端についた花芽が
少し膨らみました。

雪の中感じる、小さな春。

「フィッシュ&フーズまつもと」の
松本勉社長の話です。
  ・鮮魚店から脱サラ、独立。
  ・自慢は新鮮さ。
  ・水魚も刺身で食べられる。
こんにゃくのようで、コリっとして
深いうまみで、初めての味!

「スナック2軒あります。
  御供田銀座です」

開店は、夜ですが…
昼の人情にたっぷり触れ、
勉強しながらの旅路です。
 
≫ MAPに戻る