2013年3月4日〜8日 金沢市 無量寺町

目の前は海ですが、
港が出来たのは昭和45年。
金沢市無量寺町は
漁業より農業の町です。

「いきいき魚市」から
良い香りがします。


雪かき中の松平さん。
カラオケ店に行くのがご趣味です。

歌を覚えるのは、
寝床に入るひと時。

お隣の奥様ともご挨拶。

「そろそろ来るかなと 思っていました」
ご明察です。

「移動販売が来ますよ。演歌を流しながら」。

すぐに歌が聞こえました。

蒲生さんの移動販売は、営業30年です。
今は日・祝日休みですが、
5年前まではほぼ
年中無休だったそうです。

ライトバンの商品は、
特におにぎりやお寿司など
すぐ利用できるものが豊富です。

近所の奥様方の強い味方なのです。

あちこちの玄関に飾られる
「悪魔払」のお札です。

お話をうかがうと…
白鳩神社の行事で
2年に1度、子どもたちの
悪魔ばらいが出るそうです。

白鳩神社にお参りして、
しめ縄の上を見上げると、
そこには木彫の白鳩が2羽。
天平年間創始の古い神社です。

どんな悪魔払いなのか、
見たくなってきました。

「それなら町会長の松平さんに
  聞くといいですよ」

言われてお訪ねしたのは、
最初に登場された松平さん。
町会長は、息子さんです。

「大野町の山王悪魔払いの
  流れで出来たのです。
  資料映像を探しましょう」

ありがたいです。
玄関に飾られている、
丸い飾りが気になりました。


息子さんのお嫁さんが 手作りで飾った、
紙粘土のアイスクリーム。

並べてみると、
テレ金ちゃんの兄弟のよう。

白鳩橋を渡って目指すのは、
松平さんが務める土地区画整理組合です。

入口には「悪魔払」の札が
5枚ならんでいます。
さすが、町会長!

貴重なDVDは、
20年前の行事の映像です。

白鳩神社の境内で、
刀や斧を持った悪魔払いが、
勇壮に舞い踊ります。

「塚田さんが渡った白鳩橋は
  最近作った橋です。
  後で気付かれたのですが、
  無量寺の入口には
  『白鳩橋』が既にあったのです。
  あまり知られていません」。

町の人もあまり知らないという
元祖・白鳩橋です。
欄干に文字はありません。

平和の象徴の白鳩です。
橋も縁も、つながる町。
無量寺の旅、ほのぼのと。
 
≫ MAPに戻る