2013年4月22日〜26日 金沢市 観音堂町

雨と風に立ち向かう
さびしい旅人が1人。
金沢市観音堂町です。
人生は戦いの連続。
空が教えてくれるのかも。


緑に包まれたお宅を発見。
車庫の屋上は
どうなっているの?

緑大好きなご主人の
趣味の「空中庭園」です。

階段や手すりは、
ご主人の手作りです。

屋上には、
廃品のバスタブをプランターに再利用した、
フジ園が広がります。
「いまはやっとつぼみ。
  満開になるときれいです。
  見せてくれと言われて、
  案内したこともあります。
  塚田さん、
どうして咲く前に来るの?

すいません、旅の都合で。


「空中庭園」の次は、
「空中温室」?

大きなガラス出窓の
お宅が気になりました。

観葉植物を周囲に置いた
子ども部屋にしています。

西日が暑くてご苦労もあるそうです。
「Best Wish! よい旅を!」

ありがとう!こうたろうくん。


「パンを焼くところで、手が離せないのです。
 午後2時ごろ焼けます」
「では、その頃に来ます」

ちゃっかり予約して、午後2時に再訪問。
「焼くのは4〜5回目くらい。
  家族以外で食べるのは、
  塚田さんが初めて」

光栄です!
しっとり、もっちりした生地と、
表面の香ばしさが、いい感じ!

観音堂町の永観寺です。
ご住職にうかがいました。
・かつて町には観音様の石像を
  納めたお堂があった。
・「観音堂」の地名がついたが、
  観音様はその後移転。
・地名はそのまま、残っている。

永観寺は1982年に
修復されましたが、
その際、天井裏から
板を張り合わせた記録版が
発見されました。
安政2年(1856)の
本堂再建の記録です。

工事を担当した大工さんや
責任者の名前です。

昭和の修復工事の際も
これに習って記録しました。


観音堂にある
山田仏具店工場です。

製造するだけでなく、
古い仏壇仏具の修復を行っています。

工場内では、
漆器、蒔絵の職人さんが、
細かい作業に取り組みます。

「昔の職人さんは、よい仕事をしていますよ」
まるで時代を超えて、
職人同志が対話するように。


今度は表具屋さんです。

味わいのある暖簾をくぐり、
ご主人に話を聞きました。

職人さんは、 道具を大事にします。

壁には多くの定規や刷毛(はけ)が、
整頓されて並びます。

定規も長さや使い道で
種類が多いです。

雰囲気の違う棒が1本。

「これは定規ではなく、筋トレ用の棒です」

整然と並んだ定規の前で
トレーニングの素振り。

こんな楽しいご縁も、
どこかで見守る観音様の、お陰様。
合掌。
 
≫ MAPに戻る