2013年5月27日〜31日 金沢市 示野中町・桜田町

金沢市示野中町から
桜田町を歩きます。

神社の角で作業中です。
新しい電柱を立てます。
その誉田(ほんだ)神社に
お参りしたのですが…。

失礼なことをしました。

1.お名前を「ほまれだ」
   「よだ」と間違えて読んだ。
2.勝手に親近感を持った。
3.鈴と間違えて、しめ縄を振り回した。


そこから始まる苦難の旅。

天気が良いのに誰とも会えず、
訪ねるお宅はことごとくお留守です。

神様を怒らせたのかも。


藤藁商店さんの窓から、
多くの箱が見えました。
よく分かりません。

すみません、何のお店でしょうか?
「ボルトの専門店です」

品揃えは数千種類。
大きいものと小さいものを並べてみました。

北陸新幹線関係で
建設現場で使われる
ボルトがよく出るそうです。

誉田神社に戻ると、
新しい電柱が建っていました。
私がぶらついている内に
世の中は進んでいくのです。

数々の失礼をお許しください。
お参りのし直しです。



看板も暖簾もない小さな小屋で、
ご夫婦が ドジョウの蒲焼の作業中。

国産のドジョウにこだわり、
何十年も焼いています。

この日は300串ですが、
百万石まつりが終わると、
忙しくなるそうです。

ほろ苦く甘い金沢の味。
誉田神社のお許しが出たのかなあ。


桜田町の花屋さん
「かれん」です。
黒が基調の店構えは、普通とは違います。

うどん屋さんに間違えられることも。
手ぬぐいや風呂敷を使った
ラッピングなど、「和モダン」
「渋カッコいい」のが得意です。

泥から花を咲かせる
ハスにちなんで「花蓮」から
「かれん」と名付けました。

戸板小学校のそばで
10mくらいのポールを発見。

子どもの日は過ぎましたが、
まだ使われるのですか?
「はい、これからあげます。
 5月中は毎日、あげますよ」。

近所の自動車工場の
スタッフが見守る中、
松本さんがコイをあげます。

「ひ孫3人のために、あげているんです。
 近所の方も見に来ますよ」。

ひいおじいちゃんの愛と、
初夏の風を受け、
青空に翻るこいのぼり。

桜田町の新名所です。
挨拶し直して良かった。
今回もご縁に恵まれた旅。
 
≫ MAPに戻る