2013年6月17日〜21日 金沢市 古府



旅を初めて6年半。
ついにこの日が来ました。
金沢市古府2丁目136番地。

テレビ金沢の駐車場から
徒歩で出発、歩きます。


庭の隅に置かれた、円筒状の石を発見。

金石で見た、アレですか?
土を詰めて川の堤防にした
高山右近ゆかりの土留め?


トラックの運転手の表さん、
ご存じないですか?

茨城からペットボトル飲料を
運んできた10トントラックです。

頭は小型で柄が長い、
金槌のような「検査器」です。

タイヤを叩いて
パンクしていないかどうか
調べるための大事な道具です。


車に乗っているイヌの看板。
イヌの整備工場でした。

従業員の方によると、
社長が飼っているイヌを
「看板犬」にしたそうです。

これが看板犬ゲンジロウ。
特に子どもに人気です。

純潔の柴犬は、天然記念物です。
登録番号を記した表札も
飾ってありました。

石の筒の所有者の方です。

・元造園業のご主人が集めておいてあるもの
・井戸や水路の土管の一部。
・江戸時代から伝わるようなものではない。

失礼しました。

サツキを栽培する人が
古府には多いようです。

その初めになったのが、
こちらの池村さん。
30年以上前に栽培を始め、
近所に鉢を分けました。

元花火師のご主人、
昼はサツキを咲かせ、
夜は空に大輪を咲かせます。


古府のバス通りから見える、
幅15mくらいのネットです。

車庫の屋根の上に設置され
地上から上端までは5mくらい。
家側から使うのでしょうか?

それとも通り側からの何かに
備えるネットでしょうか?
ゴルフ練習用なら、
もっと高さが必要でしょう。

奥様にたずねると…。

・25年前に設置。
・ご主人とお孫さんのキャッチボール用ネット。
・車庫の屋根にボールが引っかかるのを防止。

お孫さんはもう30歳代。
おじい様の愛情が刻まれます。

畑作業の男性に聞きました。

「仏様に備える花を栽培してますよ。
  古府には、何か遺跡みたいな
  ところがあるらしいよ」

見たことはないそうです。

公園に立札がありました。

金沢市指定の史跡です。
約4500年前の縄文時代の
竪穴式住居跡が発見され、
渦巻き模様のある土器が多数出土しました。
遺跡らしきものはありませんが…
「私たちにつながりのある
 人たちだったのかもね」
ご近所の方々も感慨深そう。

いまと昔をつなぐ町。
ここから 未来へと旅を進めます。
古府も、ひとつの通過点。
 

≫ MAPに戻る