2013年7月15日〜12日 金沢市 御影町

御影大橋のたもと、
私の旅もここまできました。
金沢市御影町を歩きます。

車ではよく通りますが、
歩いて訪ねることは なかったなあ。

「フーズかとう」さんです。

青果を中心に、
お惣菜の小さいパックが
種類豊富にそろっています。

近所のお年寄りが、頼りにしている店です。

結婚45年のご夫婦が
仲良く切り盛りしています。

煮汁を沸かし、冷ますのを繰り返して、
奥様が作る 「きゅうちゃん漬け」は
甘辛く酸味も効き、美味!


東川鉄工所から公園まで、
用水の上に木の橋があります。

でも、橋を渡らなくても、
上の道路から公園に行けます。

かつて道路へ上がるための石段がなく、
橋が重要な通路でした。

石段ができてから、子どもたちには、
わざわざ石段を下りて、
橋を渡って公園へ行くのが楽しいようです。

空地に並べられた、 円形の石の模様です。
これは何でしょう?

 推理1.庭造りの模型。
 推理2.古代人の遺跡。

果たして、真相は?

「宇宙と交信しとるんです」
「えーっ?」
空地の所有者の中島さんの言葉に
ひっくり返りそうになりました。

「いや、ウソウソ」
再度、果たして、真相は?

雑草が生えないように、
石を敷き詰めたのです。

また、ゴミを捨てられないよう、
意味ありげに石を配置しました。

「徳川埋蔵金があるかも… いやウソウソ」

御影町の住宅地の中の
居酒屋「りゅう」さん。

サッカー日本代表の
本田圭佑選手も来店されました。

しかし去年、ご主人は
病気で入院したそうです。

退院して店を再開したとき、
お客さんのお孫さんが
絵を描いてくれました。

「復活おめでとう」

「言葉は出ないですよ。 出たのは涙」

復活の包丁を握ってからは、
料理に妥協をしなくなりました。

「残りの人生、
  うまいもんをくわしてやるわい!」

ご主人の魂を込めた店です。

御影町の旧街道沿いの
大きなハゼノキです。
金沢市指定景観樹1号です。

「荷車や、野菜売りが通りました。
  出征する兵隊さんと娘さんが
  木のそばで別れを惜しんだり」。

政時代から街道を見守ったハゼノキの前を、
北陸新幹線の線路が通ります。


今と昔が交差する御影町。
無数の旅人が行き交う町。
 
≫ MAPに戻る