2013年7月22日〜26日 金沢市 若宮・薬師堂町

金沢市若宮は、
まず 若宮神社にお参り。


鳥居を出て左を見ると
大きな柳が揺れています。


浦島さんのお宅は柳が目印。

大きなお庭には、
ブルーベリーが茂っています。
甘酸っぱくて美味しいです。

シソの葉をちぎっていた
山本さんです。

大変評判の良い
シソジュースがあるそうです。

ええ、もちろん飲みますとも。

炭酸ではないのに、
すかっと爽やかなのど越し。
暑い旅路を歩いてきた
旅人を癒してくれました。

爽やか過ぎて、むせました。

中野さんの玄関先には、
数々の鳥の木彫作品。

建具職人だったご主人が、
手作りしたものです。

ご主人、鳥が好きなんですか?
「別に好きでないけど」

でも、この生命感、躍動感。
止っている鳥ではなく、
羽ばたき、獲物を狙う様子を
生き生きと彫っています。
しかも、廊下にキジの絵が!
欄間にツルの透かし彫りが!

ご主人、鳥が好きでしょ!

「別に」
最後まで認めませんでした。



石の壁に扉があります。
手前は若宮神社の境内です。

なぜ、この扉があるの?
お参りの近道かな?

「いえ、植木屋さんのための扉なんです」

田畑さんのお庭は広大。
母屋からは遠いのです。

「お参りだったら、
  正面の鳥居から入りますよ」。

子ども服が落ちていたので
お届けしました。

「1週間前に出産して、きょう退院、
  帰宅したところです。
  『めばえ』のコーナーに
  応募したかったのですが」

「家族がそろう機会がなくて
  諦めていたんです」

『めばえ』でなくてごめんなさい。

その代わりに…。
私がテーマソング歌います。

「誕生日のことを覚えていますか
  ロウソクのにおい胸にためた
  あなたのことをお祝いしましょう
  あなたであるきょうと明日のために・・・」

元気で、幸せに。

「薬師堂町生産組合」の看板の横に、
何かの植物の束。

奥様に話をききました。

「特に作物は生産していません。
  2軒の輪番で看板を出してるんです」。

「自宅で咲かせる
  『アルストロメリア』の種をとるため
  乾燥させてるんです。
  出荷するのではなく、趣味で」

まさかの展開。
分かりませんでした。


戸板小学校の旧校舎を
解体するための、 測量のお仕事です。

5メートルの物差し、初めてみました。

若宮町の住宅街で目を引く、
ガレージの欄間です。
大工のご主人が取り付けました。

室内にあると暖冷房が効きにくいので、
ガレージに移したのです。

荒川さんご一家です。

・奥様は書道家で、三味線を弾く
・ご主人は大工で、太鼓・尺八を演奏
・妹さんは水墨画の先生で、歌好き
・息子さんはオーケストラの
  トロンボーン奏者で受賞歴数々。

たまたま訪ねて来た
お友達の池森さんと
三味線の練習。

三味線を携え、
福祉施設に慰問に行きます。
「鳴り物一家やね」

扱う楽器は違いますが、
音が絆をつなぎます。


賑やか、爽やか。
夏の若宮の旅。
 
≫ MAPに戻る