2014年2月3日〜7日 金沢市 桜町

左側に理髪店の回転灯、
右側に美容院の開店灯。

迷いますけど…まずは、
理髪店を訪ねてみよう。
金沢市桜町の裏通り。

理容店「西遊記」の瀬川さん。
ご主人が亡くなった後も、
元気にお店を続けます。

55歳で運転免許取得、
60歳でダンスを、
67歳で歌を始めました。。

店名「西遊記」の由来です。

ある人にご家族の
前世を見てもらったところ、
瀬川さんが三蔵法師で、
ご家族の中に登場人物が揃っていたそうです。

斜向かいの
「いしお美容室」の奥様。

「ライバルではありません。
  お客様はその店の人についていますから。
  うちはうちです」。

細長い柱に極細の看板。

「ひより焼菓子店」。

駐車場の奥にその店はありましたが、
日曜日の5時間しか
開店しない様子です。


ノムラクリーニングさんの
昭和29年の免許です。

今も店内に掛けてあります。
成人式の振袖を見守っています。



ギリギリ暁町の吉田さん。

洋服直しの職人さんです。
ズボンの丈直しや、コートの肩幅直しを
手がけています。

お父様の形見のコートを
娘さんが着るために、
女性用に作り替え、
肩幅を詰めます。

大事にされた服だから職人も心を込めます。


吉田さんのご近所に
住んでいた金沢美大生が
絵画作品を寄付していったそうです。

春夏秋冬の4枚を
季節ごとに掛け替えます。

春の絵を一足先に鑑賞。

満開のサクラの下、
動物たちののどかな様子。
まさか洋服直しの職場で、
絵画鑑賞ができるとは。

諦められず再び訪ねた、
「ひより焼菓子店」。

となりの天野さんをお訪ねしました。

「妻が買ってきたものが
  少し残っていたかも」

ついに対面がかなった、手作りクッキー。
バターの香りが豊かで、
表面はサックリ、中はしっとり。

ひよりさん、天野さん、
ありがとうございます。
桜町は浅野川沿いです。

川の向こうの卯辰山の
風景が季節に応じて変化していきます。

その季節感が、
住む方々の楽しみです。

うどん・そばの「このはな」で
店内で見つけた縄文土器の数々です。

いったん病に倒れたご主人が、
リハビリのために作ります。
竹細工もたくさんあります。

「絶対復活するという
  意志の力で、
  元気になれるんです」

ご主人はうどん・そばを作りながら、
見事な作品も産み出しています。。


桜町の住宅街で見つけた、
船の舳先のようなベランダ。

「星を見るのに良いです。
  ただし、古くなっていて
  足元が危ないところも」。

娘さんによると、ベランダは、
とても目立つので
家の目印になるそうです。

サクラは無かったけれど、
縁の花が咲いた桜町でした。
 
≫ MAPに戻る