2014年2月24日〜28日 金沢市 天神町・扇町

天神町の旅は、まずは
椿原天満宮のお参りから。

江戸時代から神官が
守護する「金沢五社」のひとつです。

おみくじは「大吉」。

商店街だった通りを雪が舞う中、
歩きます。


元は瓦屋さんだったお宅の屋根には
恵比須様と布袋様の鬼瓦が。

箔打ち職人さんの工房も。

およそ40年前、
先代から金沢の伝統工芸を支える
箔打ちを続けます。

「誉のドコ行く?」を愛する
ママと愛菜ちゃん。

「大きいピーマンのマークのお店があります。
  畳屋さんもすぐそこに」。

南畳店のご主人です。

先がカギ状の長い物差し。
消費税率アップ前の
新築用の畳のお仕事が
入っているそうです。


大きなピーマンの看板が目印の
「まついストア」。
見上げると、ピーマンにはばんそうこうが。

ピーマンだけでなく、
生鮮食品や乾物全般を 扱っていますが…。
息子さんのピーマン嫌いを直そうと、
奥様がデザイン。
それを店の看板に。
車が傷をつけた部分に、絆創膏を貼りました。

息子さんはその後、市場で、
ピーマンを売っていました。


鮮魚の「越吉」です。

約100年の歴史があり、ご主人が3代目です。
昔は夜に嫁入りがあり、
提灯に灯を入れて迎えたそうです。す。

大事に保管されている嫁入り提灯です。

温かい灯を飾り付け
嫁入りを祝った様子が浮かびます。


歴史と人情と。天神町・扇町。
 
≫ MAPに戻る